掛け持ちは、3つまでがいい

脱毛サロンはひとつに絞らず、いくつか掛け持ちすることも可能です。

たとえば、ワキ脱毛はミュゼの100円キャンペーンを利用、顔脱毛はエピレの顔全体脱毛キャンペーンを利用という方法です。掛け持ちすることで、より安く希望の部位を契約できるというメリットがあります。

掛け持ちするときに気をつけたいのが、同じ部位を何度も頻繁に施術しないということです。脱毛は何度もやればいいというものではなく、2〜3カ月あけて施術しないと効果がしっかり得られません。

同じ部位を掛け持ちするのは、やめたほうがいい


肌トラブルの原因にもなりますから、たとえばミュゼでワキ脱毛した2週間後にジェイエステでワキ脱毛するという掛け持ち方法はやめておきましょう。

エステサロンとクリニックを掛け持つことも可能です。

クリニックは毛の減りが早いので、足や腕といった見える部位はクリニックでやって、背中やVIOといった見えない部位はサロンでゆっくりやるという方法もあります。

クリニックだけで施術していると費用が高いので、エステと併用して費用を抑えているというひともいます。脱毛したい部位だけでなく、予算にあわせて掛け持ちするというのも、賢い脱毛方法ですよ。

掛け持ちするときは、しっかりスケジュール管理をして、予約を忘れないようにしましょう。掛け持ちするにしても、3つまでにしておいたほうが無難です。4つも5つも掛け持ちしてしまうと、どこかの予約を忘れて、キャンセル料を取られたり1回消化扱いになって損をしてしまいます。

せっかく安く掛け持ちしているのに、損をしてしまってはもったいないので、スマホのアラーム機能やスケジュール帳を活用して、脱毛管理をしていきましょう。

トップへ